MENU

    映画レビュアー:甲斐健彦

    映画レビュアー:入江翔

    私は宇宙とその神秘的な美しさに深い魅了を感じています。特に、惑星や宇宙船、そして遥かな星々が映し出される映像の美しさは、私の心をいつも捉えて離しません。これらの映像は、不思議で神秘的な宇宙の景色を地球上で体験することを可能にし、私に無限の想像力をかき立てます。

    さらに、無重力空間での生活や活動がリアルに再現された映像を見ることは、私にとって特別な興奮をもたらします。宇宙飛行士が宇宙ステーション内で行う日常の作業や、無重力下での動きの美しさは、地球上の生活では決して体験することのできない独特の体験です。それは、まるで私自身が無重力の空間にいるかのような錯覚を与え、現実から一時的に解き放たれたような感覚を味わわせてくれます。

    このように宇宙に関する映像や情報に触れることは、日常生活からの脱却という意味でも重要です。宇宙の壮大さや神秘性を感じることで、私たちの存在や日々の悩みが、宇宙という無限のスケールの中でどれほど小さなものかを再認識させられます。それは、私たちが直面している問題を新たな視点から見直す機会を与え、心の平穏や感動をもたらしてくれるのです。

    また、宇宙探査の進展は常に私の好奇心を刺激します。新たな惑星の発見や宇宙の未知の領域への探索は、人類の可能性を象徴しています。これらの成果は、私たちがこれまでに知らなかった宇宙の秘密を解き明かし、未来の宇宙旅行の夢を現実のものに近づけています。このような発見や進歩を目の当たりにするたび、私は宇宙の無限の可能性と人類の冒険心に心から感動し、ワクワクするのです。

    個人SNS

    Ameba / note / はてな / 読書メーター / ブログ村 / 甲斐健彦

    目次

    好きな映画

    インターステラ

    移住可能な星を探すという壮大なミッションとそれに果敢に挑戦する研究者たちの様子が、宇宙物理学に基づいて描かれているので違和感なく観て行けます。人間の持つ夢や醜さも丁寧に描かれていて見ごたえがあります。

    アド・アストラ

    異常運動を起こしてしまった機械を破壊するため深宇宙に向かう主人公なのですが、惑星など宇宙の表現が美しいです。主に父との葛藤に比重が傾いていて、ヒューマンドラマとして二重に楽しめます。

    ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画

    インドもまた宇宙大国へと歩みを進めていますが、その過渡期に女性が技術者として頑張っているのがとても気に入っています。

    レビューした映画

    あわせて読みたい
    映画:ヤジと民主主義のレビュー・感想-甲斐健彦 あらすじ 映画『ヤジと民主主義』は、政治的発言が多様な反応を引き起こす現代日本を背景に、異なる立場の人々の対話と対立を描いたドキュメンタリーです。 映画は、政...
    あわせて読みたい
    映画:あの花が咲く丘で、君とまた会えたら。のレビュー・感想 あらすじ 映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』は、第二次世界大戦末期の日本にタイムスリップした現代の女子中学生・加納百合と特攻隊員の青年・佐久間彰の...
    あわせて読みたい
    映画:メイズ・ランナーのレビュー・感想 あらすじ 『メイズ・ランナー』は、ジェームズ・ダシュナーの同名小説を原作とする2014年の映画です。このストーリーは、記憶を失った少年トーマスが巨大な迷路の中心に...
    あわせて読みたい
    映画:となりのトトロのレビュー・感想 あらすじ 映画『となりのトトロ』は、1988年に公開されたスタジオジブリ制作のアニメーション映画です。宮崎駿監督によるこの作品は、自然との共生や家族の絆を温かく描...
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次