MENU

    映画:となりのトトロのレビュー・感想

    映画:となりのトトロのレビュー・感想

    あらすじ

    映画『となりのトトロ』は、1988年に公開されたスタジオジブリ制作のアニメーション映画です。宮崎駿監督によるこの作品は、自然との共生や家族の絆を温かく描いた物語で、多くの人々に愛され続けています。

    物語の主人公は、サツキとメイという二人の姉妹です。彼女たちは、病気の母を近くの病院で看病するため、父と共に田舎の家へ引っ越します。新しい家と周囲の自然に魅了された二人は、森の中で不思議な生き物たちと出会います。

    その中でも特に印象的なのが、大きな灰色の生き物「トトロ」です。トトロは森の守り神のような存在で、サツキとメイに様々な不思議な体験をさせてくれます。トトロとの出会いを通じて、姉妹は自然の素晴らしさや、困難に立ち向かう勇気を学びます。

    ある日、メイが母に会いたい一心で病院へ向かう途中で行方不明になり、サツキは彼女を探しに行きます。トトロと森の生き物たちの助けを借りて、メイを無事に見つけ出します。そして、トトロの魔法によって、姉妹は病院の母に安心するメッセージを送ることができます。

    『となりのトトロ』は、家族の愛、友情、そして自然との調和を描いた心温まる物語で、子供から大人まで幅広い層に支持されています。そのシンプルで美しいアニメーションと、深い感動を与えるストーリーは、世代を超えて愛され続けている理由です。

    監督:宮崎駿
    キャスト:日髙のり子
    キャスト:坂本千夏
    キャスト:糸井重里
    キャスト:島本須美

    目次

    映画:となりのトトロのレビュー・感想

    子供から大人まで楽しめる

    自分が子供の頃にリアルタイムで映画館でみてどハマりし、親になり子供と一緒にみていても色褪せない世界観や、子供目線親目線と様々な角度からストーリーを楽しめるのが魅力です。

    さつきとめいの姉妹と子供にしか見えないトトロや猫バス、まっくろくろすけなどの愛らしいキャラクターが出会い話が展開していくのですが、テンポがよく3歳程度の小さな子供でも1時間ちょっとある映画ですが飽きずに最後までみることができます。

    しんみりしたり、なつかしくなったり、ほっとしたり子供に色々な感情を抱かせることができおすすめの映画です。

    甲斐健彦

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次