MENU

    映画:タイタニックのレビュー・感想

    映画:タイタニックのレビュー・感想

    あらすじ

    映画は老年のローズ・デウィット・ブュカター(グロリア・スチュアート)が、若かった頃の回想から始まります。彼女は若い頃(ケイト・ウィンスレット演じる)にタイタニック号に乗り込み、そこでジャック・ドーソン(レオナルド・ディカプリオ演じる)と出会います。ローズは上流階級の家庭から来ており、ジャックは貧しい芸術家ですが、彼らはお互いに惹かれ、愛に落ちます。

    しかし、タイタニック号は氷山に衝突し、沈没の危機に瀕します。ローズとジャックは生き残るために奮闘し、多くの人々が犠牲になる中、彼らは一緒に助かります。しかし、船は最終的に沈み、ジャックは寒さと疲労から死亡します。

    ローズは生き残り、後にアメリカに渡りますが、彼女はジャックとの愛を忘れることはありません。彼女は自身の幸せを築きますが、ダイヤモンドの「ハート・オブ・ザ・オーシャン」を海に投げ捨て、それがタイタニック号の沈没と共に失われた物の一つとなります。

    「タイタニック」は壮大な舞台と恋愛物語を組み合わせ、多くの観客に感動を与えた映画であり、多くの賞を受賞しました。ロマンスと悲劇が絡み合うこの映画は、世界中で愛されています。

    監督:ジェームズ・キャメロン
    キャスト:レオナルド・ディカプリオ
    キャスト:ケイト・ウィンスレット
    キャスト:ビリー・ゼイン
    キャスト:キャシー・ベイツ
    キャスト:フランシス・フィッシャー
    キャスト:ジョナサン・ハイド

    目次

    映画:タイタニックのレビュー・感想

    身分を超えた愛情に感動

    お金も身分もない少年が、豪華客船タイタニックに乗り込みました。そこには貴族の娘が乗船していて、二人は自然と恋に落ちていきます。

    身分の違いから邪魔されたり、周囲の猛反対に会います。それにもめげずに二人は、愛情を貫き通します。

    タイタニックの座礁事故をスリルたっぷりに描写するとともに、純粋なラブストーリーの要素もあります。特に最後のタイタニックが沈んでいく中で、二人で寄り添う姿には多くの感動を覚えます。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次