MENU

    映画:劇場版ハイキュー!!ゴミ捨て場の決戦のレビュー・感想

    映画:劇場版ハイキュー!!ゴミ捨て場の決戦のレビュー・感想

    あらすじ

    映画『劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦』は、古舘春一の人気漫画「ハイキュー!!」を原作とした劇場版アニメの第1部で、大ヒットアニメシリーズの続編です。この作品では、強豪校ひしめく春高バレー宮城県予選を勝ち抜き、兵庫県代表・稲荷崎高校を破った烏野高校が、次のラウンドで音駒高校と対戦します。かつてはライバルでありながらも、現在は共に練習や合宿を通じて良き仲間となった両校。この試合は「ゴミ捨て場の決戦」と呼ばれ、攻撃的なプレースタイルの烏野と、守りを重視する音駒の戦略がぶつかり合います。両校の戦いは、全国大会の舞台で繰り広げられ、熱いバレーボールアクションと青春ドラマが展開されます。アニメーション制作はProduction I.Gが担当し、テレビアニメ第1~3期の監督である満仲勧が再び監督・脚本を務めています。

    監督:満仲勧
    キャスト:村瀬歩
    キャスト:石川界人
    キャスト:日野聡
    キャスト:入野自由
    キャスト:林勇
    キャスト:細谷佳正

    目次

    映画:劇場版ハイキュー!!ゴミ捨て場の決戦のレビュー・感想

    全国で実現した日向と研磨の約束

    男子春高バレー3回戦で実現した烏野VS音駒。いつ映像化されるかと長く待ったファンにはたまりません。本当ならば1クールくらいかけてTVでじっくりして欲しかったのですが、原作を諸々カットした分ストーリーはスピーディーな展開となりました。試合の最中に無音になるシーンは、実写版「ピンポン」を彷彿とさせました。所々に回想シーンが流れるだけでも感涙ものです。日向のセリフではありませんが、もっと観ていたかった。そんな感じにさせてくれる作品でした。余談ですが入場特典33.5巻をゲットできたのもファンとしては嬉しいです。

    ラストの研磨目線がすごい!

    まず上映時間と実際の試合時間が同じなところが凄いです。こだわりを感じました。
    ゴミ捨て場の決戦は、日向と研磨、黒尾と月島の関係が注目されがちですが、個人的には猫又コーチと烏養(祖父)の反応がぐっときました。念願叶ったという気持ちと、自分たち意外にもこの戦いを大事に思う存在がいて、全てが繋がっているんだなと。ハイキュー?は子供たち以外のキャラクターも最高です。
    映画の見どころはやはりラストの研磨目線です。ぐるぐると研磨目線で画面が動いていくのは圧巻です。初見はあまりのスピードに戸惑いましたし目が回りそうでした。ですがあの臨場感は凄くて映画館のスクリーンで見たかいがあったと思いました。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次