MENU

    映画:君の名は。のレビュー・感想

    映画:君の名は。のレビュー・感想

    あらすじ

    物語は、都会の東京と田舎の糸守町を舞台に、主人公の二人、三葉(Mitsuha)と瀧(Taki)の物語が交互に展開されます。

    三葉は糸守町に住む女子高生で、神社の巫女として神聖な役割を果たしています。彼女はある日、不思議な夢を見始めます。それは瀧の生活を生きる夢であり、彼の身体に入り込んで彼の一日を体験することができるのです。瀧も同様に、三葉の生活を夢で体験します。

    彼らは最初は夢の中でお互いの存在を認識しませんが、次第に意識を持ちながらコミュニケーションを取るようになります。彼らは自分の体験を日記に書き、互いにメモを残し合います。そして、彼らは彼らの異なる生活や環境、友達、家族などの詳細を共有し、互いに助け合いながら時間を共有します。

    しかし、ある日、突然、夢が続かなくなり、彼らの接触が途切れてしまいます。瀧は三葉の名前を忘れ、どこに住んでいるのかも知りません。彼は三葉を見つけるため、糸守町に向かい、さまざまな試練を乗り越えながら、彼女を探し続けます。

    「君の名は。」は、奇跡と愛の物語であり、時間と空間を超えた運命に挑む二人の若者の心の成長と絆を描いています。美しいアニメーションと深い感情表現がこの映画の魅力で、国内外で高い評価を受けました。

    監督:新海誠
    キャスト:神木隆之介
    キャスト:上白石萌音

    目次

    映画:君の名は。のレビュー・感想

    映像がきれいでストーリーにのめり込む映画

    君の名は。は、とにかく映像がすごくきれいで、細かな描写に感動してしまいました。ジブリ映画よりも映像がきれいなのではないかと思ったほどです。そのため、アニメなのに、臨場感を感じ、現実世界だと勘違いするかのように映画の中に入り込んでしまいました。

    また、終始、飽きるポイントがなく、ストーリーの変化に見入ってしまいました。恋愛要素もありますが、ただの恋愛映画ではなく、ハラハラドキドキしてストーリー展開から目が離せませんでした。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次