MENU

    映画:ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービーのレビュー・感想

    映画:ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービーのレビュー・感想

    あらすじ


    2023年に公開された『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』は、アメリカのアニメーション冒険コメディ映画で、任天堂のマリオビデオゲームシリーズに基づいています。この映画は、ブルックリンのイタリア系アメリカ人の配管工であるマリオとルイージの起源の物語を描いています。2人は、水道管の修理中にワープパイプに吸い込まれ、異世界に転送されます。

    この世界は、ピーチ姫が治めるキノコ王国と、悪のクッパ王が治めるダークランドから成り立っています。

    物語は、マリオがキノコ王国に着地し、ルイージがダークランドに到着し、そこでクッパに捕らえられるところから始まります。

    クッパの計画はピーチ姫と結婚し、彼女が拒否した場合には、強力なスーパースターを使ってキノコ王国を破壊するというものです。マリオはトードとピーチ姫と共にルイージとキノコ王国を救うための壮大な冒険に出ます。

    彼らの計画は、ジャングル王国のコング族と同盟を結び、クッパを打ち負かすことです。

    彼らの旅はさまざまな挑戦と出会いを伴います。その中には、ドンキーコングとの戦いも含まれ、マリオはキャットスーツを使って彼を倒します。一行はカートを使って旅をしますが、レインボーロードでクッパの軍隊に襲撃されます。

    映画は、クッパとピーチの結婚式でのドラマチックな対決でクライマックスを迎え、マリオとルイージ、そして彼らの仲間たちがキノコ王国を救い、クッパを倒すために戦います。

    この映画は、ユニバーサル・ピクチャーズ、イルミネーション、任天堂が制作し、クリス・プラットがマリオ、アニヤ・テイラー・ジョイがピーチ姫、チャーリー・デイがルイージ、ジャック・ブラックがクッパを演じるなど豪華な声優陣が参加しています。

    商業的に成功し、世界中で13億6000万ドル以上の興行収入を記録し、複数の興行記録を更新しました。批評家からの評価は賛否両論でしたが、ゴールデングローブ賞の最優秀アニメーション映画賞など、いくつかの賞にノミネートされました。

    監督:アーロン・ホーバス
    キャスト:クリス・プラット
    キャスト:チャーリー・デイ
    キャスト:アニャ・テイラー=ジョイ
    キャスト:ジャック・ブラック
    キャスト:キーガン=マイケル・キー

    目次

    映画:ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービーのレビュー・感想

    ゲームの世界を忠実に再現

    アメリカのユニバーサルピクチャーズが作成しましたが、今までの日本初の作品をアメリカで劇場化するとイメージが損なわれて日本国内で不振というのが多かったのですが、本作はかなりの再現度、制作スタッフのスーパーマリオニ対する熱い思いを感じました。

    ゲームであることを常に意識をしたアニメーションが素晴らしくゲーム好き、アニメ好き、映画好きな視聴者の期待を裏切らない作品に仕上がっています。

    家族での視聴をオススメしたい作品です。

    境郁吹

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次