MENU

    映画:トップガン マーベリックのレビュー・感想

    映画:トップガン マーベリックのレビュー・感想

    あらすじ

    映画『トップガン マーベリック』は、パイロットのマーベリックがトップガン教官として復帰し、新世代の戦闘機パイロットたちを訓練する物語です。

    マーベリックは、彼の過去と対峙しながら、彼にとって特別な意味を持つ若いパイロットたちを導きます。

    この映画は、高度な航空戦闘のシーンと、個人的な成長と友情のテーマを描いています。

    監督:ジョセフ・コシンスキー
    キャスト:トム・クルーズ
    キャスト:マイルズ・テラー
    キャスト:ジェニファー・コネリー
    キャスト:ジョン・ハム
    キャスト:グレン・パウエル

    目次

    映画:トップガン マーベリックのレビュー・感想

    ホーネット戦闘機を実体験できる映画

    最大の見所は戦闘機の飛行場面。飛行場面は飛行する機体を外から撮ったものと、コックピット内からのパイロット目線の二通りがある。双方CG使わず実写なのがこの映画の凄さ。

    大きなGでトム・クルーズの顔が醜く歪み、カタパルト発進のショックで頭が大きく揺れるのは、迫真の演技でも絶対表現できない映像だから迫力満点。

    訓練や空中戦での戦闘機の飛行場面も実際に米海軍のホーネットを飛ばしている。でも曲がりくねる狭い谷の間を、山より低空でジグザクに飛び続ける場面なんか信じられない。

    あんな危険飛行、1機何十億円もするのに。それぐらいのドドド迫力。

    トム・クルーズだけじゃなくて出演の搭乗員役の俳優全員が、戦闘機搭乗のための正規訓練を海軍で受けたというから、制作の情熱は半端じゃない。

    だからこれだけでももちろん見る価値大ありだけど、様々な人間模様もあるから1作目のトップガンを見た方がより面白さが増す。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次