MENU

    映画:オットーという男のレビュー・感想

    映画:オットーという男のレビュー・感想

    あらすじ

    この映画は、63歳の寡夫であるオットー・アンダーソンの物語です。彼はペンシルベニア州ピッツバーグ郊外に住み、定年退職後に最愛の妻ソーニャを亡くし、自殺を計画していました。

    首吊り自殺を図ろうとするが、新しい隣人たちに邪魔されます。隣人はマリソル、トミー、そして2人の娘アビーとルナです。彼らとの出会いが、オットーの心を徐々に変えていきます。

    オットーは、妻ソーニャとの思い出がフラッシュバックする中で自殺を試みますが、何度も邪魔が入り、最終的には彼を取り巻く人々との関係によって、人生に新たな意味を見出していきます。

    監督:マーク・フォースター
    キャスト:トム・ハンクス

    目次

    映画:オットーという男のレビュー・感想

    老齢男性のリアルな孤独!

    妻に先立たれたオットーは自分のこれからの人生に悲観し、命を絶つことを決意する。そんな折に現れた、向かいに引っ越してきた明るい妻と頼りない夫の家族。妻の根っからのお節介と突き抜けた明るさに最初は辟易するものの、彼女が積み上げてきた努力やひた向きさに徐々に心打たれ、時代に心を開いていく。

    他の近隣住民とも関係が改善し、自分の人生に前向きに生きるようになったオットーの物語。

    一人暮らし老齢男性のリアルな孤独とご近所付き合いを通じてその傷を癒していく過程が心を打つストーリー。

    境郁吹

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次