MENU

    映画:岸辺露伴ルーブルへ行くのレビュー・感想

    映画:岸辺露伴ルーブルへ行くのレビュー・感想

    あらすじ

    映画『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』は、特殊能力を持つ人気漫画家・岸辺露伴が主人公の作品です。彼は、フランスの画家モリス・ルグランが描いた「この世で最も黒い絵」について知り、その謎を解明するためルーヴル美術館へと向かいます。

    青年期の露伴は、祖母が運営する下宿に住む奈々瀬という女性に出会い、彼女に惹かれます。奈々瀬は露伴に「最も黒い絵」について話し、露伴は彼女を漫画のモデルにします。

    しかし、奈々瀬はその漫画を見て突然取り乱し、姿を消します。後に露伴は彼女が「最も黒い絵」がルーヴル美術館にあると示唆していたことを思い出します。

    露伴と彼の担当編集である泉京香は、ルーヴル美術館を訪れます。そこで彼らは、問題の絵である日本の画家・山村仁左右衛門の作品が、使用されていないはずのZ-13倉庫にあることを知ります。

    露伴は、倉庫で幻覚や怪異現象に見舞われる職員たちの悲劇を目の当たりにします。これらの現象は、倉庫にある仁左右衛門の絵が原因であることが判明します。

    最終的に露伴は、奈々瀬の霊に再会し、江戸時代に生きた夫妻の悲劇を読み解きます。仁左右衛門は、新しい絵画表現への挑戦を保守的な父に否定され、妻の奈々瀬とともに家を出ます。

    しかし、奈々瀬が病に倒れ、夫婦は困窮します。仁左右衛門は、奈々瀬の黒髪の美を描く絵に執着し、彼女の死後、恨みを込めて描いた妻の肖像が「最も黒い絵」となります。謎が解けた後、露伴は再び漫画家としての日常に戻ります​。

    監督:渡辺一貴
    キャスト:高橋一生
    キャスト:飯豊まりえ
    キャスト:長尾謙杜
    キャスト:安藤政信
    キャスト:美波

    目次

    映画:岸辺露伴ルーブルへ行くのレビュー・感想

    ノスタルジーを感じる品格のあるストーリー

    原作漫画の実写化はどの作品も賛否を呼びますが、「岸辺露伴は動かない」シリーズは配役も脚本も制作陣も原作への愛とリスペクトに溢れているので既に連作ドラマにおいては高い評価を得ています。

    この映画も漫画原作です。制作陣は同じなので安心して鑑賞に臨みました。ドラマでもあったのですがオリジナル演出が脚本の力で違和感なく展開されるので流石だなぁと想いました。

    主人公露伴の淡く悲しい恋心が描かれていて切なくなりました。ドラマではお馴染みですがこの原作話には登場しなかった泉京香さんを登場させたのは大正解で彼女が最強!(パワー的に強いではない)でした。

    登場人物のファッションも素敵で綺麗な映画でした。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次