MENU

    映画:大名倒産のレビュー・感想

    映画:大名倒産のレビュー・感想

    あらすじ

    映画『大名倒産』は、江戸時代の日本を舞台にした作品です。この映画は、経済的な困難に直面した大名家の物語を描いています。

    大名家は、財政危機を乗り越えるためにさまざまな努力をしますが、多くの障害に直面します。

    映画は、当時の社会の価値観や経済システム、人々の生活を通じて、歴史的背景を反映しています。

    監督:前田哲
    キャスト:神木隆之介
    キャスト:杉咲花
    キャスト:松山ケンイチ
    キャスト:小日向文世
    キャスト:小手伸也

    目次

    映画:大名倒産のレビュー・感想

    かなりチープ、でも敢えて観たい

    荘厳で雄大な映画を求める人は見ない方がいいでしょう。なぜならかなりチープな世界観を2時間も全身で受け止めることになるのですから。しかし、滲み出るチープさこそ味わい深いのです。

    厳つい着物のちょんまげたちが走り回る群像劇を見る気でいた私は、突飛な主人公の出自、心境の変化の速さ、平民のヒロイン補正による稀有な発言力、そして大海原のCG…感情の矛先が物語ではなく構造へと向きました。

    ですが、私の大好きな主人公の2人の存命の兄。本格時代劇ではクセが強すぎて浮くであろう2人は、全てが浮いた作品だからこそ自然に輝きを放ったのです。もしかしたら、気づいていないだけで他の登場人物もそうなのかもしれません。

    地道な節約をすることになる主人公、それを応援するヒロインと2人の兄。クセが強いからこそ素朴の中にある幸せがコントラストとして際立ち、そこに気づけば気づくほど登場人物が愛おしく感じる映画でした。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次