MENU

    映画:ベンジャミンバトンのレビュー・感想

    映画:ベンジャミンバトンのレビュー・感想

    あらすじ

    映画『ベンジャミン・バトン』は、逆に歳を重ねる主人公ベンジャミン・バトンの一生を描いた作品です。

    老人の体で生まれたベンジャミンは徐々に若返り、愛するデイジーとの間に生じる年齢のギャップに悩みます。

    二人は時折出会い、別れを繰り返しながらも深い愛情を育んでいきます。ベンジャミンの人生は、愛と喪失、成長と衰退の独特のサイクルを通して、人生の美しさと脆さを描いています。

    監督:デヴィッド・フィンチャー
    キャスト:ブラッド・ピット
    キャスト:ケイト・ブランシェット

    目次

    映画:ベンジャミンバトンのレビュー・感想

    人生の摩訶不思議と人間関係

    主演であるブラッドピットの事が大好きなので、興味があり見たのですが、内容が非常に面白かったです。映像美もあることながら、登場人物の魅力が素晴らしかった。

    誕生してから老人であるブラピが年を追うごとに若返っていくというストーリーなのですが、恋人と逆の年の取り方をしていくので、その過程でのお互いの心の変化や環境に感情移入していきます。脇役や小話で登場する人物も面白く魅力的に描かれており、引き込まれてしまいます。エンディングに関しても、とても心が動かされました。

    見終わった後、心にこの映画が刻み込まれたのを実感できる、素晴らしい映画だと思います。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次