MENU

    映画:「最悪な子どもたち」のレビュー・感想

    映画:「最悪な子どもたち」のレビュー・感想

    あらすじ

    映画『最悪な子どもたち』は、反抗的な若者たちが通う特殊な学校「セントバーナデット学院」を舞台にしています。

    主人公たちは、厳格な校則に反発しながらも、互いの違いを乗り越えて友情を育んでいきます。

    この学校では、生徒たちが社会のルールや秩序を学ぶために様々な試練に直面し、最終的には自分たちの価値を再発見する過程が描かれています。

    監督:リーズ・アコカ
    キャスト:マロリー・ワネック
    キャスト:ティメオ・マオー
    キャスト:ヨハン・ヘルデンベルグ
    キャスト:ロイック・ペッシュ
    キャスト:メリーナ・ファンデルプランケ

    目次

    映画:「最悪な子どもたち」のレビュー・感想

    孤独な若者たちに寄り添う映画

    「最悪な子どもたち」は、日本の現代社会における若者の暴力と孤独を描いたドキュメンタリー映画です。私はこの映画を観賞した感想として、衝撃と悲しみを感じました。

    映画に登場する子どもたちは、家庭や学校での問題から逃れるために、仲間と共に暴力や犯罪に走っている。彼らは自分の存在意義や将来の夢を見失っており、社会から孤立しています。

    映画は彼らの生き方や思考を淡々と記録しており、観客に対して説教や批判をせずに、現実を突きつけています。私はこの映画が若者だけでなく、大人にも見てほしいと思いました。若者の暴力や孤独は、社会全体の問題であり、関心を持ち、対話をすることが必要だと感じたからです。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次