MENU

    映画:緑の光線のレビュー・感想

    映画:緑の光線のレビュー・感想

    あらすじ


    映画『緑の光線』は、孤独な女性デロフィーヌの夏の休暇を描いた作品です。

    友達との計画がキャンセルされた後、彼女は一人で休暇を過ごし、さまざまな場所を訪れます。この旅の中で、デロフィーヌは自分自身と向き合い、人間関係や恋愛における自分の感情を探求します。

    映画は彼女の内面的な成長と、夏の終わりに起こる意外な出来事を描いています。

    監督:エリック・ロメール
    キャスト:マリー・リヴィエール
    キャスト:リサ・エレディア

    目次

    映画:緑の光線のレビュー・感想

    ずぶぬれの心に差し込む希望の光

    バカンスの直前に恋人に振られてしまい、傷心の心を抱えたままさまざまな場所へあてどもなく訪れる女性の夏を描いた映画です。

    フランスの夏の美しい風景を目の前にしつつも、心に苦しみを抱えて泣いてしまうヒロインの心が、どんなに素敵なものを見ても自ら辛さが引き立つような失恋の苦しみを知っている自分にとって、強く共感ができました。

    賑やかな会話も、友人たちの優しさも、彼女にはなかなか響かないのですが、ラストに訪れるちょっとした偶然にようやく彼女の心に光が差します。

    女性の身近な心情を扱いながらも、日常に訪れる小さな奇跡を信じさせてくれるような素敵な作品です。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次