MENU

    映画:すみっコぐらし ツギハギ工場のふしぎなコのレビュー・感想

    映画:すみっコぐらし ツギハギ工場のふしぎなコのレビュー・感想

    あらすじ

    映画『すみっコぐらし ツギハギ工場のふしぎなコ』は、森のはずれにある古くなったおもちゃ工場を舞台にした物語です。

    すみっコたちが、くま工場長に誘われておもちゃ作りに参加します。彼らはそれぞれ得意なことを活かして、ぬいぐるみを上手に完成させます。くま工場長に褒められ、やる気満々のすみっコたちは、制服や美味しいご飯、居心地の良い部屋を用意してもらいながら、おもちゃ作りに没頭します。

    しかし、この工場には不思議な秘密が隠されており、すみっコたちの町に出荷されたおもちゃが動き出すという現象が発生します。

    この映画は、サンエックスの人気キャラクター「すみっコぐらし」が主人公の劇場版アニメ第3弾となっています。物語は、子供から大人まで楽しめる心温まる内容で、視覚的にも魅力的なアニメーションが特徴です。

    監督:大森貴弘

    目次

    映画:すみっコぐらし ツギハギ工場のふしぎなコ

    おもちゃを大切にする心を教えてくれました

    物語の構成が分かりやすく、3歳のむすめが飽きずに最後まで視聴して、話を理解していました。

    かわいいすみっコたちが楽しくおもちゃを作っているシーンはほっこり癒されます。ゆっくり流れていくやわらかい世界観にハマってしまいました。

    しかし、その工場自体が自我を持ち、暴れて追いかけてくるシーンはすみっコぐらしとは思えないスピード感!
    とんかつカーチェイスは必見です!

    そして心あたたまるシーン。あまり感情を表に出さない38歳の夫も、感動して泣いていました。
    おもちゃを作ってみんなに喜んでもらいたい。その思いから暴走してしまった自我持ち工場に、すみっコたちは寄り添います。
    しろくまが小さい頃から大切にしていたぬいぐるみ。実はこの工場生まれだったのです…
    「たいせつだよ」と言ってツギハギだらけのぬいぐるみを見せてあげて、物語はあたたかく終わります。

    心が疲れたときに見るのをオススメします。

    とにかく癒される映画

    全世代に大人気のすみっコぐらしの映画です。基本的にすみっこたちははなさないため、ナレーションが主に進みます。本上まなみさんのナレーションはとても落ち着く声で、それだけでも癒されます。また、すみっこたちそれぞれの動きや表情もとても可愛らしく、癒されます。

    すみっコぐらしを全く知らない人でも楽しめるストーリーとなっているので、誰でも楽しめます。日常生活から離れ、時間を忘れて癒されたい人におすすめしたいです。

    境郁吹

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次