MENU

    映画:アキレスと亀のレビュー・感想

    映画:アキレスと亀のレビュー・感想

    あらすじ

    映画『アキレスと亀』は、夢に向かってひたむきに生きる主人公、マチスの一生を描いた作品です。

    マチスは幼少期から画家を目指しており、その夢を追い続けますが、才能に恵まれず苦労します。

    映画はマチスの人生と彼の芸術に対する情熱を通じて、夢を追い求めることの意味や、成功とは何かというテーマを探求しています。

    監督:北野武
    キャスト:ビートたけし
    キャスト:樋口可南子
    キャスト:柳憂怜
    キャスト:麻生久美子
    キャスト:中尾彬

    目次

    映画:アキレスと亀のレビュー・感想

    北野武らしい恋愛映画

    ヤクザ映画の中でも北野監督の恋愛要素が好きな私なのですが、この作品はその部分がめいっぱい詰まっており大好きな作品です。主人公は絵を描く事にしか興味がなく、稼ぐ事や家族の事などをおろそかにしているろくでなしなのですが、生活がコミカルなシーンで表現されている為悲壮感がなく、主人公に愛おしさすら感じてしまい、生き様を羨ましいとさえも思います。

    また作中に北野監督の色鮮やかな芸術作品を沢山見られるのもこの映画の魅力となります。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次