MENU

    映画:秒速5センチメートルのレビュー・感想

    映画:秒速5センチメートルのレビュー・感想

    あらすじ

    映画『秒速5センチメートル』は新海誠監督による2007年の日本のアニメーション映画です。この作品は「桜花抄」、「コスモナウト」、「秒速5センチメートル」という三つの短編から構成されており、各短編は小学生、高校生、そして社会人という異なる時期の主人公の心境を描いています​​。

    物語は、小学校を舞台に始まり、主人公の貴樹と明里が出会い、親の転勤による引越しで離れ離れになってしまいます。

    その後の人生でも、二人は互いに特別な想いを抱き続けますが、時間と距離によって徐々にそれぞれの道を歩むようになります。物語の終盤では、大人になった貴樹が東京での生活を送りながら、過去の思い出にしばしばとらわれる様子が描かれます。

    一方で、明里は過去を思い出として受け止め、新たな人生を歩み始めています

    監督:新海誠
    キャスト:水橋研二
    キャスト:近藤好美
    キャスト:尾上綾華
    キャスト:花村怜美
    キャスト:水野理紗

    目次

    映画:秒速5センチメートルのレビュー・感想

    新海誠の史上最高の青春ラブストーリー

    新海誠の映画は「君の名は」や「天気の子」があげられますが、この映画は青春ラブストーリーという枠組みで最も新海誠の才能が活かされた映画だと思いました。

    内容は3部に分かれているのですが、最後にすべて部がつながり一つの青春ラブストーリーとして完結します。そこら中にあふれている、単純なハッピーエンドラブストーリーなどではなく、思春期の感情、行動、思いなどがすべて表されていて、本当に新海誠は天才なんだと理解することができます。

    エンドは人によって好き嫌いが分かれるとは思いますが、間違いなく最高の作品です。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次