MENU

    映画:ニューヨーク・オールド・アパートメントのレビュー・感想

    映画:ニューヨーク・オールド・アパートメントのレビュー・感想

    あらすじ

    安定した生活を夢見て南米からNYに移り住んだ母と双子の兄弟。不法滞在で“何者でもなかった”彼らが、初めて恋をし、一人の人間として認められ、成長することで、はじめて自分として生きる意味を見出していく。

    NYの街並みとともにウィットに富んだ詩的な美しさに満ちた映像美と、ひたむきに生きる母の強さと息子たちのピュアな笑顔が欧米の映画祭を席巻した。理不尽で不条理な世の中にくじけそうになることもあるけれど、大切なものだけは決して失わない。

    これは、混沌とした時代だからこそ求められる希望の物語。

    監督:マーク・ウィルキンス
    キャスト:アドリアーノ・デュラン
    キャスト:マルセロ・デュラン
    キャスト:マガリ・ソリエル
    キャスト:サイモン・ケザー
    キャスト:タラ・サラー

    目次

    映画:ニューヨーク・オールド・アパートメントのレビュー・感想

    透明人間扱いされる家族

    この映画は、ニューヨークで不法移民として暮らすペルー人家族の悲喜劇を描いた作品で、母ラファエラと2人の息子がそれぞれに恋や夢を追いながらも、街から疎外された自分たちを“透明人間”だと感じる姿を優しく描いています。家族の絆や成長を通して描くことで、より深い感動を呼ぶようになっています。

    また、登場人物たちの感情や葛藤は、繊細な演技と美しい映像で表現される。音楽も雰囲気に合っており、ペルーの民族音楽やジャズなどが効果的に使われています。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次