MENU

    映画:オーシャンズ11のレビュー・感想

    映画:オーシャンズ11のレビュー・感想

    あらすじ

    ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)は、かつて強盗の天才として名を馳せた男です。彼は刑務所から出所し、すぐに新たな計画を立てます。彼の目標は、ラスベガスのカジノオーナーであり、彼の元妻テス(ジュリア・ロバーツ)が現在交際しているテリー・ベネディクト(アンディ・ガルシア)のカジノ、ベネディクトの所有する3つのカジノを一晩で襲うことです。

    オーシャンは、以前共犯者だったラスベガス在住のラスティ・ライアン(ブラッド・ピット)と共に、信頼できる仲間たちを集めます。このチームには、賞金稼ぎのリンスキー(マット・デイモン)、カードカウンターのリビー(エディ・ジョーダン)、電子のスキルを持つバシャー(ドン・チードル)、カジノの運営に詳しいフランク・キャトン(バーニー・マク)などが含まれています。

    彼らは巧妙な計画を練り、セキュリティの厳重なラスベガスのカジノに侵入します。映画は、計画の実行とその過程で起こるトリッキーな出来事、キャラクターたちの魅力的な対話、そして不測の事態に繰り広げられます。

    『オーシャンズ11』は、緻密な計画とユーモアに富んだキャラクターたちが犯罪の世界での冒険に挑む、エキサイティングで楽しい映画です。

    監督:スティーヴン・ソダーバーグ
    キャスト:ジョージ・クルーニー
    キャスト:ブラッド・ピット
    キャスト:マット・デイモン
    キャスト:アンディ・ガルシア
    キャスト:ジュリア・ロバーツ

    目次

    映画:オーシャンズ11のレビュー・感想

    豪華キャスト。犯罪ドリームチーム。

    刑期を終え仮釈放されたジョージ・クルーニーがラスベガスのカジノの地下金庫に眠る総額1億5000万ドルを盗む犯罪ものです。その他にもブラッド・ピット始めジュリア・ロバーツやマット・デイモンなど豪華キャストが出ていますが、私の当時、小学生でハリウッドの有名俳優は全く知りませんでした。

    しかし、ラスベガスというキラキラした場所で繰り広げられる頭脳戦やアクションがすごかったことを覚えています。また、たまに笑えるコメディ要素も相まってVHSが擦り切れるほど何度も見ました。今の子供には物足りないかもしれませんが・・・

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次