MENU

    映画:人のセックスを笑うなのレビュー・感想

    映画:人のセックスを笑うなのレビュー・感想

    あらすじ

    ジョン・バクスター(ドナルド・サザーランド)と妻のローラ(ジュリー・クリスティ)は、娘のクリスティーンが溺れて亡くなった悲劇から数か月が経ち、心の傷を癒そうとしてヴェネツィアに旅行に出かけます。ジョンは建築家であり、ヴェネツィアでの仕事を通じて新しい生活を始めようとしています。

    しかし、ヴェネツィアに着いてから、ジョンとローラは奇妙な出来事に巻き込まれ始めます。彼らは、ヴェネツィアの迷路のような小道や運河の中で、謎の赤いポンチョを着た少女や、小さな魚の姿をした修道女のような存在に何度も遭遇します。これらの出来事は、クリスティーンの死の謎や超自然的な現象と関連しているように思えます。

    ジョンは、これらの出来事について調査を始め、同時にローラとの関係も修復しようと試みます。しかし、次第に彼の調査が彼と彼の家族の運命に影響を及ぼし、恐ろしい真実が明らかになっていくことになります。

    「人のセックスを笑うな」は、不気味な雰囲気とサスペンス、心理的な要素を組み合わせた映画で、奇怪な出来事が主人公と彼の家族の周囲で展開し、観客を引き込む作品として評価されています。

    監督:井口奈己
    キャスト:松山ケンイチ
    キャスト:永作博美
    キャスト:蒼井優
    キャスト:忍成修吾
    キャスト:温水洋一
    キャスト:あがた森魚
    キャスト:桂春團治

    目次

    映画:人のセックスを笑うなのレビュー・感想

    愛ってみっともないのがかっこいい

    男女のピュアな恋愛。形とか関係性とか、責任とか、約束も、何も何もない恋愛。恋って、愛って、気持ちだけあれば十分なはずなのに、みんなそれをいちいち結婚だとか付き合いだとか、形に収めようしてくる。特に大人になればなるほど。そんなつまんない恋愛観に喝を入れてくれるような、純粋な男女の恋愛を描いた映画。

    ピュア過ぎて、泣けるしすごく笑える。「付き合う」ということや「結婚」ということばかり気になっている人にぜひ観てほしい。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次