MENU

    映画:祈りの幕が降りる時のレビュー・感想

    映画:祈りの幕が降りる時のレビュー・感想

    あらすじ

    物語は1958年のイギリス、ダーリントン・ホールという名門のカントリー・ハウスで始まります。スティーブンズ(アンソニー・ホプキンス)は、長らくホールの執事として仕えてきた男性で、非常に忠実で奉仕の精神に生きる人物です。スティーブンズは非常にプロフェッショナルで、感情を抑え込んで仕事に従事し、主人であるダーリントン卿(ジェームズ・フォックス)の信頼を受けています。

    ダーリントン・ホールは新しいアメリカの所有者に売却され、スティーブンズはかつての仲間であるハウスキーパーのミス・ケントン(エマ・トンプソン)と再会することになります。ミス・ケントンはスティーブンズにとって特別な存在で、過去の思い出と複雑な感情を抱えています。

    スティーブンズとミス・ケントンの再会は、スティーブンズの内面に様々な感情と疑念を呼び起こし、過去の出来事や選択について考えさせます。彼は自己犠牲の精神を再評価し、自己を見つめなおす機会を得ることになります。

    「祈りの幕が降りる時」は、英国社交界の変化や個人の道徳的な選択に焦点を当てた作品で、奉仕と忠誠、愛と選択のテーマを探求しています。アンソニー・ホプキンスとエマ・トンプソンの演技が素晴らしく、感情豊かな映画として高く評価されました。

    監督:福澤克雄
    キャスト:阿部寛
    キャスト:松嶋菜々子
    キャスト:溝端淳平
    キャスト:田中麗奈
    キャスト:キムラ緑子
    キャスト:烏丸せつこ

    目次

    映画:祈りの幕が降りる時のレビュー・感想

    親子愛に泣かずにはいられません

    人気ミステリー作家東野圭吾さんの原作の小説を映像化した作品で、新参者の加賀恭一郎シリーズと言えば、わかる人も多いと思います。殺人事件が不可解でなぜ起こったのか?複数いる被害者と容疑者、それぞれの接点は?そしてまさか加賀恭一郎自身の過去とつながりがあります。この作品のテーマは一言で言うと、親子愛です。

    子を想い守るためなら親は時に、自分という存在を消すほどに壮絶な決断をできるのだろうか。この親子のように、と、胸を打たれた作品でした。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次