MENU

    映画:コーヒーが冷めないうちにのレビュー・感想

    映画:コーヒーが冷めないうちにのレビュー・感想

    あらすじ

    物語は、ある日突然、人々の意識が奪われ、異なる存在に乗っ取られる現象が始まったところから始まります。主要な登場人物の一人である樹里(吉岡里帆)の夫が、何者かに取り憑かれたように変わり、奇妙な行動を起こし始めます。樹里は夫の奇妙な振る舞いに戸惑いつつも、その理由を知るために行動を開始します。

    一方、警察官の佐野(菅田将暉)は、異常な事件が増加していることに気付き、不可解な出来事を調査し始めます。彼は、人々が異星人によって洗脳され、人間性が奪われていることを突き止めます。佐野は、異星人たちが人間の感情や思考を奪っているメカニズムを理解し、彼らの計画を阻止しようと決意します。

    物語は、樹里、佐野、そして異星人の一人である成田(リリー・フランキー)の間で展開し、人間の愛や共感の重要性、そして喪失感や孤独感との闘いが描かれます。彼らは、奪われた感情と記憶を取り戻し、人間の本質を守るために奮闘します。

    「コーヒーが冷めないうちに」は、SF要素と人間ドラマが融合した作品で、異星人の存在を通じて人間の情熱と共感の尊さを探求しています。感情豊かな演技と複雑なキャラクターが映画を支え、観客に深い考察と感動を提供します。

    監督:塚原あゆ子
    キャスト:有村架純
    キャスト:伊藤健太郎
    キャスト:波瑠
    キャスト:林遣都
    キャスト:深水元基
    キャスト:松本若菜

    目次

    映画:コーヒーが冷めないうちにのレビュー・感想

    真実の愛の大きさに感動

    ある珈琲店にある噂。同じ席に座りコーヒーを飲み続ける女性がトイレにたった瞬間そこに座ると自分の好きな時間や年齢に戻ることが出来るというものでした。しかしいくつかのルールがあり彼女がトイレから戻って来るまでに席を立たなければ二度とそこに戻ってくることが出来ないというものです。

    人は誰しも後悔することや、真実を知りたいと思うものです。3つのエピソードで成り立った映画ですが、病気でなくなった妻はどう思っていたのだろうか…など、自分の身近に起こりうる内容で構成されていることで、私自身にそう語り掛けてくれているのかもしれないという温かい気持ちと同時にそこまで思い詰めることは無いよといった貰えた気持ちになりとても感動しました。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次