MENU

    映画:「ブルーを笑えるその日まで」のレビュー・感想

    映画:「ブルーを笑えるその日まで」のレビュー・感想

    あらすじ

    映画『ブルーを笑えるその日まで』は、内気で学校に馴染めない中学生・アンの物語です。

    アンは学校の薄暗い立入禁止の階段で過ごし、ある日不思議な店で魔法の万華鏡をもらいます。万華鏡を通じて、彼女は同じ万華鏡を持つ生徒・アイナと出会い、仲良くなります。

    学校の屋上で楽しい夏休みを過ごす二人ですが、屋上には昔飛び降り自殺した生徒の幽霊が出るという噂があり、アンはアイナがその幽霊ではないかと疑念を抱きます。それでも二人はかけがえのない存在になります。

    監督:武田かりん
    キャスト:渡邉心結
    キャスト:角心菜
    キャスト:夏目志乃
    キャスト:丸本凛
    キャスト:成宮しずく

    目次

    映画:「ブルーを笑えるその日まで」のレビュー・感想

    〜色で綴る人間ドラマ〜

    「ブルーを笑えるその日まで」は、人間の感情や心理を深く掘り下げた作品です。主人公のブルーは、自分の感情を表現できない孤独な少年です。彼は、笑顔を見せることができないのです。

    しかし、彼はある日、笑顔が素敵な少女に出会います。彼女は、ブルーに笑顔の大切さを教えてくれます。彼女との交流を通して、ブルーは少しずつ自分の感情を開放していきます。しかし、彼女にはある秘密がありました。それは、ブルーの笑顔を奪うことになるのです。

    この作品は、感動的でありながらも切ないストーリーです。登場人物の感情や心理が細かく描かれており、読者も共感できます。特に、ブルーの成長や変化が印象的です。

    彼は、笑顔を見せることができない少年から、笑顔を見せることができる少年になります。しかし、その笑顔は最後まで続くのでしょうか。この作品は、読者に笑顔の意味や価値を考えさせてくれます。

    桐山進也

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次