MENU

    映画:血と骨のレビュー・感想

    映画:血と骨のレビュー・感想

    あらすじ

    映画『血と骨』(2004年、監督:崔洋一)は、1923年に済州島から大阪に移住した少年・金俊平の壮絶な生き様を描いたドラマです。

    この映画は、俊平が少年期から成長する過程で、彼がどのようにして残酷で貪欲な人物に変貌し、自身の貧しい朝鮮人・日本人コミュニティで蒲鉾(かまぼこ)工場を立ち上げ、従業員を搾取していくかを描いています。

    映画は、俊平が強靭な肉体と並外れた凶暴さをもって社会でのし上がり、周囲に恐れられるようになる様子を描きます。彼は幼い娘を持つ李英姫と結婚し、2人の間には子どもが生まれます。

    一方で、俊平の粗暴な振る舞いは家族に苦しみをもたらし、彼らの精神的、肉体的な健康を損ないます。映画は、暴力と苦悩に満ちた彼の一生を追い、俊平が家族や周囲の人々に与えた影響に焦点を当てています。

    監督:崔洋一
    キャスト:ビートたけし
    キャスト:田畑智子
    キャスト:新井浩文
    キャスト:オダギリジョー
    キャスト:鈴木京香

    目次

    映画:血と骨のレビュー・感想

    最強の男の生き様を見た

    映画「血と骨」は、北野たけしが演じる金俊平の一生がが描かれており、若い間は朝鮮人集落にて暴力と欲をのみを振りかざし圧倒的強者だった金俊平が、歳を取っていくにつれ次第に弱くなっていく様を観ていて、自分の中では父親とダブって見え、心が苦しくなりました。

    何度も繰り返し観ていますが、毎回見終わると気持ちが沈みますが、ここまでずっと力み続け休憩のすることがない映画は他にはない魅力だと感じています。

    暴力や無理矢理な性行為などのシーンがあるので、好き嫌いははっきりするかもしれませんが、男性はぜひ観て欲しい作品です。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次