MENU

    映画:屋根裏のラジャーのレビュー・感想

    映画:屋根裏のラジャーのレビュー・感想

    あらすじ

    映画『屋根裏のラジャー』は、スタジオポノック制作のアニメーション映画で、愛を失った少女アマンダが想像したイマジナリーフレンド、ラジャーを主人公にしたファンタジーアドベンチャーです。

    ラジャーは、アマンダにしか見えない少年で、想像の世界が消えることを防ぐため、仲間たちと共に”誰にも見えない戦い”に挑みます。

    映画はイギリスの作家A・F・ハロルドの児童文学『ぼくが消えないうちに』を原作としており、手描きアニメーションとデジタル技術を融合した新しい映像表現が特徴です。

    監督:百瀬義行

    目次

    映画:屋根裏のラジャーのレビュー・感想

    夢と希望のラジオの物語

    この作品は、インドの貧しい少年がラジオを通して夢を追う物語です。私はこの作品に感動しました。主人公のラジャーは、困難に立ち向かい、自分の才能を発揮していきます。

    彼の声は、ラジオの向こうの人々に希望や勇気を与えます。映像も美しく、インドの風景や文化が鮮やかに描かれています。音楽も素晴らしく、ラジャーの歌声に心を打たれました。

    この作品は、夢を持つことの大切さや、人と人とのつながりの力を教えてくれる作品だと思います。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次