MENU

    映画:ウィッシュのレビュー・感想

    映画:ウィッシュのレビュー・感想

    あらすじ

    映画『ウィッシュ』は、ディズニー100周年を記念して製作されたアニメーション映画で、クリス・バックとファウン・ヴィーラスンソーンが共同監督を務めています。この映画は、どんな願いも叶うとされる魔法の国「ロサス」を舞台にしています。

    主人公のアーシャは、18歳になると行われる儀式で自分の願いを王に捧げることになっている17歳の少女です。彼女は100歳の祖父サビーノの願いが叶うことを願っていますが、ロサス王国の王マグニフィコは、国民が捧げた願いを自分が良いと思うものだけを叶え、他の願いを支配していることを知ります。

    アーシャはこの事実に対して、「叶える気がないなら、願いを本人に返すべき」と主張しますが、王には取り合われません。

    物語は、アーシャが国民の願いを取り戻すために、願い星「スター」と共に王に立ち向かう冒険を描いています。この映画では、ディズニーの歴史に敬意を払った様々なオマージュやカメオ出演も見どころの一つです。

    キャストには、アーシャ役にアリアナ・デボーズ(日本語吹き替え版:生田絵梨花)、マグニフィコ王役にクリス・パイン(日本語吹き替え版:福山雅治)などが名を連ねています。映画のテーマは“願いの力”であり、アーシャがその力で奇跡を起こし、新たな物語の扉を開くドラマティックな展開が期待されています​。

    監督:クリス・バック
    キャスト:アリアナ・デボーズ
    キャスト:クリス・パイン
    キャスト:アラン・テュディック
    キャスト:アンジェリーク・カブラル
    キャスト:ヴィクター・ガーバー

    目次

    映画:ウィッシュのレビュー・感想

    ウィッシュ〜夢を追う若者たちの感動の物語

    この作品は、夢と現実のギャップに直面する若者たちの葛藤や成長を感動的に描いています。登場人物たちは、それぞれに個性的で魅力的です。

    特に、主演の山田涼介さんと有村架純さんの演技は素晴らしかったです。二人の化学反応が画面から伝わってきました。音楽も本作の大きな魅力です。オリジナル曲やカバー曲が劇中で披露され、感動や興奮を高めています。音楽好きならば、必見の作品だと思います。

    【ウィッシュ】は、夢を追うことの大切さや難しさを教えてくれる作品です。観客は、登場人物たちの感情に共感し、応援したくなります。この作品を見て、自分も夢に向かって頑張ろうと思いました。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次