MENU

    映画:トレインスポッティングのレビュー・感想

    映画:トレインスポッティングのレビュー・感想

    あらすじ

    映画『トレインスポッティング』は1996年に制作されたイギリス映画で、ダニー・ボイルが監督、アーヴィン・ウェルシュの同名小説が原作です。この映画は、スコットランドのエディンバラを舞台に、ヘロイン中毒者のグループの生活を生々しく描いています。

    主人公のマーク・レントン(ユアン・マクレガー)はドラッグシーンに深く浸っています。彼とその友人たち――スパッド、シック・ボーイ、トミー、精神病質者のベグビー――は、ドラッグ中毒の浮き沈みを経験します。映画は彼らの生活のみじめさや絶望、黒いユーモアを交えた瞬間を鮮やかに描写しています。

    レントンは何度も薬物中毒からの脱却を試み、古い生活から抜け出そうとします。彼と友人たちのさまざまな失敗、法律との遭遇、中毒の感情的・肉体的影響、関係や健康への影響などが描かれます。映画の重要なポイントの一つは、レントンがヘロインをやめて苦痛な離脱症状を耐える決断をする場面です。

    『トレインスポッティング』は、レントンが消費文化の空虚さについて語る象徴的なオープニングモノローグで知られており、中毒、現実逃避、無関心な世界での意味探しといったテーマの探求を映画全体のトーンとして設定しています。

    監督、演技、そしてドラッグ中毒の現実を遠慮なく見せる内容で批評家から高い評価を受け、特に英国で文化的な影響を与え、1990年代の最も優れた映画の一つと見なされています。

    監督:ダニー・ボイル
    キャスト:ユアン・マクレガー
    キャスト:ロバート・カーライル
    キャスト:ジョニー・リー・ミラー
    キャスト:ユエン・ブレムナー
    キャスト:ケヴィン・マクキッド

    目次

    映画:トレインスポッティングのレビュー・感想

    ジャンキーによるジャンキーのための映画

    はじめて観たのは18歳、大学1年生でした。正直なところ、初回での印象は「よくわからない」でした。

    数年経ち海外へバックパック旅行に出掛けるようになり、東南アジアでそれなりの場所でそれなりな遊びをたしなむようになったころ、

    「あぁ、あの映画の表現はコレだったのか」という箇所が何か所も見つけることができました。

    つまり、この映画は「ジャンキーが作ったマジもんのやつ」です。カーペットごと地面に吸い込まれるのなんていまだにトラウマですね(笑)

    あと音楽。20数年経ったいまでも色あせないどころか新鮮に自分を過去へとトリップさせてくれます。抽象的表現ばかりで恐縮ですが、ジャンキーに憧れるキッズたちはまずこの作品をみましょう、ということです。

    桐山進也

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次