MENU

    映画:超高速!参勤交代のレビュー・感想

    映画:超高速!参勤交代のレビュー・感想

    あらすじ

    『超高速!参勤交代』は、2014年に公開された日本の映画で、歴史コメディのジャンルに属しています。この映画は江戸時代の参勤交代を題材にしており、小さな藩が巨額の費用をかけて行う参勤交代の義務をどのように果たすかを描いています。

    物語の中心は貧しい陸奥国の仙北藩にあります。藩は財政難に直面しており、参勤交代の費用を捻出することができません。主人公の藩主、松平直矩は、藩の存続をかけて、参勤交代の費用を削減するための大胆な計画を立てます。その計画は、極秘裏に少数精鋭の隊を江戸に向かわせ、公式の参勤交代のように見せかけるというものです。

    この計画を実行するため、直矩は信頼できる家臣たちと共に、数々の困難と挑戦に直面しながら江戸を目指します。道中、様々な障害が彼らを待ち受けており、それを乗り越える中で、藩士たちの絆が深まっていきます。

    映画は、歴史的背景をコメディタッチで描きながらも、忠義と友情、そして知恵と勇気の重要性を伝える物語となっています。また、当時の日本の風俗や文化も色濃く反映されており、歴史的な側面も楽しめる作品です。

    監督:本木克英
    キャスト:佐々木蔵之介
    キャスト:深田恭子
    キャスト:伊原剛志
    キャスト:寺脇康文
    キャスト:上地雄輔

    目次

    映画:超高速!参勤交代のレビュー・感想

    お腹を抱えて笑える作品

    歴史的背景をしっかりと感じつつ終始コメディ要素の連続で非常に笑えましたし、2時間ここまでお腹を抱えて笑える映画もそうないと感じたので、他な方にも観てもらいたいくらいにおすすめです。

    また、笑えるだけではなく参勤交代としてのストーリーもしっかりと奥深さがありましたし、トンチを効かせた部分やロマンスがあったりなど、正直観る前にはここまで期待していなかった分、良い意味で期待を裏切られた作品でとても満足できました。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次