MENU

    映画:カラオケ行こ!のレビュー・感想

    映画:カラオケ行こ!のレビュー・感想

    あらすじ

    中学3年生の岡聡実と四代目祭林組若頭補佐の成田狂児との奇妙な友情を描いた物語。

    コンクールの日、成田狂児は歌を教えてほしいと合唱部部長の聡実をカラオケに拉致する。何でも狂児のいる組では年に4回カラオケ大会が開かれ、そこで歌ヘタ王になると組長に刺青を彫られるという。

    刺青が嫌な狂児は何としてでも歌ヘタ王を回避すべく、カラオケで聡実の指導のもと特訓を始める。

    監督:山下敦弘
    キャスト:綾野剛
    キャスト:齋藤潤
    キャスト:芳根京子
    キャスト:橋本じゅん
    キャスト:やべきょうすけ
    キャスト:吉永秀平
    キャスト:チャンス大城
    キャスト:RED RICE

    目次

    映画:カラオケ行こ!のレビュー・感想

    歌うヤクザと変声期の少年

    この映画は、笑いと感動のバランスが絶妙です。歌がうまくなりたいヤクザと変声期に悩む合唱部の少年の奇妙な友情を描いたコメディですが、二人のキャラクターの対比や成長が見事に表現されています。綾野剛が演じるヤクザの成田狂児は、組長が主催するカラオケ大会で最下位になった者に待ち受ける罰ゲームを免れるため、X JAPANの「紅」を歌えるようになろうと必死です。

    しかし、彼の歌はひどく音痴という興味深いストーリーです。さらに、この映画は、歌と友情の力を感じさせる作品です。

    原作そのままに面白い

    実写化と聞いて少し不安な気持ちがよぎりましたが本当に原作のストーリーさながらに、めちゃくちゃ面白かったです。メインキャラを綾野剛さんと新人である齋藤潤さんが担当されていて本当に役にぴったりでした。二人の掛け合いが独特の空気感を孕んでいて本当に癒されます。綾野さんはやっぱり演技が上手いです。見た目も原作の狂児にかなり寄せています。聡実役の齋藤さんも合唱部の中学生という雰囲気がとてもよく出ていました。

    この二人がひょんなことから親しくなるプロセスもすごく自然で、どんどん二人に好感が湧いてくること間違いなしです。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次