MENU

    映画:ジェリーのレビュー・感想

    映画:ジェリーのレビュー・感想

    あらすじ

    映画は、ジェリー(ケイシー・アフレック)とデビッド(マット・デイモン)という2人の友人がロサンゼルスを出発し、アメリカの南西部の広大な砂漠に向かう旅から始まります。彼らは自動車で砂漠を走り、自然の美しさを楽しんでいます。

    しかし、彼らの旅は徐々にトラブルに見舞われます。彼らは道に迷い、水と食料の不足に悩まされます。さらに、2人の友情も徐々に摩擦を生み出し、精神的なプレッシャーが高まっていきます。

    映画は非常に独特で実験的なスタイルで制作されており、長いワンショットのシーンや抽象的な映像が特徴です。登場人物の内面の葛藤や絶望感が、映像と音楽を通じて表現されています。

    「ジェリー」は、登場人物の孤独と絶望、友情の葛藤などを探求する映画であり、独特の映像美と哲学的な要素を持っています。しかし、その独特なスタイルと内容のため、観客にとっては理解が難しい映画とされています。

    監督:ガス・ヴァン・サント
    キャスト:ケイシー・アフレック
    キャスト:マット・デイモン

    目次

    映画:ジェリーのレビュー・感想

    アンビエント感のある映像美

    ガス・ヴァン・サント監督、マット・デイモン主演の2002年に公開された映画です。スリラー、サスペンスの類にジャンル分けされる事があるようですが、ストーリーは気にする必要がありません。いわゆるホラー映画的な怖い映像もありません。『ジェリー』は圧倒的な映像美を追求している映画です。

    またそれに特化する為にストーリー性などのその他の要素はできる限り削ぎ落とされています。2人の男性がひたすら歩き続ける映画ですが、この映画の主人公は2人の男性ではなく広大な砂漠や塩湖の風景です。

    冒頭のアルヴォ・ペルトの音楽に象徴されるように、ひたすら静かでアンビエント感のある風景が流れます。ここまで抑制のきいた映画は他になかなかないので、絶対おすすめです。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次