MENU

    映画:プリティー・ウーマンのレビュー・感想

    映画:プリティー・ウーマンのレビュー・感想

    あらすじ

    映画の舞台はロサンゼルスです。主人公エドワード・ルイス(リチャード・ギア)は、裕福な実業家であり、ビジネスのためにロサンゼルスを訪れていました。ある日、彼はホテルの前でソフィスティケートされた美女ヴィヴィアン・ウォード(ジュリア・ロバーツ)に出会います。ヴィヴィアンは売春婦で、彼女の仕事は富裕な顧客に身体的なサービスを提供することで生計を立てています。

    エドワードはヴィヴィアンに高額な報酬を約束し、1週間の契約を結び、彼女を自分の仕事仲間や友人の前に連れて行きます。ヴィヴィアンはエドワードと共に高級ホテルに滞在し、彼の世界に触れながら、彼女自身も変わっていく過程を経験します。

    エドワードとヴィヴィアンの間には、次第に感情が芽生え、2人はお互いに愛を見つけます。しかし、エドワードのビジネスパートナーであるフィルリップ・スタッキー(ジェイソン・アレクサンダー)は、ヴィヴィアンとの関係を快く思わず、問題が生じます。

    映画は、社会的な違いや偏見に立ち向かいながら、エドワードとヴィヴィアンの恋愛が進展していく過程を描き、愛と変革の物語として成功しました。「プリティー・ウーマン」は、リチャード・ギアとジュリア・ロバーツの演技、ロマンチックなストーリー、そしてファッションにも注目され、大ヒットとなりました。

    監督:ゲイリー・マーシャル
    キャスト:リチャード・ギア
    キャスト:ジュリア・ロバーツ

    目次

    映画:プリティー・ウーマンのレビュー・感想

    知性と、美と教養は武器になる

    何回観たかわかりません。まず、プリティ・ウーマンと口ずさんでしまいます。学があるのに売春婦だったジュリア・ロバーツが、リチャード・ギアの期限付きの娼婦になるのですが、ふさわしい服やマナーを身に着けて行くうちに、本来の美しさと知性が現れ始めリチャードは惹かれて行きます。

    ジュリア・ロバーツは彼のお陰で足を洗い再出発するのですが、二人はすでに結ばれていました。別れの日、リチャードがプロポーズするという、本物のシンデレラストーリーです。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次