MENU

    映画:ベスト・フレンズ・ウェディングのレビュー・感想

    映画:ベスト・フレンズ・ウェディングのレビュー・感想

    あらすじ

    主人公ジュリア・ロバーツ演じるジュリアナ(ジュリア)は、ニューヨークでレストラン評論家として成功を収めています。しかし、彼女の親友で大学時代からの親友であるマイケル(ダーモット・マルローニー)が、彼女に結婚の知らせをすることになります。マイケルはキャメロン・ディアス演じるキムと結婚することになり、ジュリアナはマイケルのベストフレンドであることから、結婚式の準備に協力することになります。

    ジュリアナは、結婚が近づくにつれ、自分がマイケルを愛していることに気づきます。彼女はマイケルの心を取り戻すためにあらゆる策略を駆使し、キムとの結婚を阻止しようとします。ジュリアナは彼女の計画にマイケルの友人で新聞記者のジョージ(ルパート・エヴェレット)を巻き込み、状況がさらに複雑になります。

    結婚式の前には笑いあり、感動あり、波乱ありの展開が待っています。ジュリアナは友情と恋愛の間で葛藤し、彼女の行動が周囲に及ぼす影響にも直面します。

    「ベスト・フレンズ・ウェディング」は、友情と愛の複雑な関係をコミカルに描いた魅力的なロマンティック・コメディで、ジュリア・ロバーツの演技が光る作品として親しまれています。

    監督:P・J・ホーガン
    キャスト:ジュリア・ロバーツ
    キャスト:ダーモット・マルロニー
    キャスト:キャメロン・ディアス
    キャスト:ルパート・エヴェレット
    キャスト:フィリップ・ボスコ

    目次

    映画:ベスト・フレンズ・ウェディングのレビュー・感想

    無くして初めて知る気持ち

    ジュリア・ロバーツも、キャメロン・ディアスもとても華やかで好きですが、ストーリーがとても切なくてそれでも素敵です。ジュリア・ロバーツにはダーモットマローニーふんする男性の親友がいます。なんでも話せ、とても素敵な関係でした。ところがある日キャメロン・ディアスふんする婚約者と結婚することを知り、ありとあらゆる方法で邪魔をします。

    他の女性のものになると知って初めて彼の大切さと愛情を感じる切ないストーリーです。最後には幸せを願いますが、本当に愛していたのか、取られそうだから嫉妬心があったのか、絶妙なタッチです。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次