MENU

    映画:エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンスのレビュー・感想

    映画:エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンスのレビュー・感想

    あらすじ

    コインランドリーや家族の問題と、トラブルを抱えるエヴリン。ある日、夫に乗り移った「別の宇宙の夫」から全宇宙の命運を託されてしまう。

    そして彼女はマルチバースに飛び込み、カンフーの達人の「別の宇宙のエヴリン」の力を得て、マルチバースの脅威ジョブ・トゥパキと戦うこととなる。

    監督:ダニエル・クワン
    キャスト:ミシェル・ヨー
    キャスト:キー・ホイ・クァン
    キャスト:ステファニー・スー
    キャスト:ジェニー・スレイト
    キャスト:ハリー・シャム・ジュニア

    目次

    映画:エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンスのレビュー・感想

    設定ぶっとんでるけど、ファミリー映画

    映画の始まりは家事に、家族の世話に、仕事に忙しいごく普通の中年の女性の鬱憤とした生活からスタート。しかし、あれよあれよと変な展開に。旦那は未来からきたエージェント、全ては架空の世界、ウィンナーの指のガールフレンド、アライグマのシェフ、娘がラスボス、しまいには全てはベーグル。正直設定は意味不明です。その答えは出ません。けれど、母としての娘への愛、頑張ってきた自分の生き方、ないがしろにしていた夫との本当の愛情関係。結局はどんな世界であってもそれが全てなんだと妙に納得のいく不思議な映画です。一見若者向けの映画っぽいですが、子育てにつかれた、自分の人生が忙しさで消えかけている忙しい女性に見てほしい映画です。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次