MENU

    映画:笑いのカイブツのレビュー・感想

    映画:笑いのカイブツのレビュー・感想

    あらすじ

    主人公アンディ・スティッツァー(スティーブ・カレル)は、40歳になっても独身で、処女のまま生活している。彼はヒーローズ・ソフトウェアの販売員として働き、趣味はコレクションのアクションフィギュアとビデオゲームですが、恋愛には奥手で不慣れです。

    アンディの友人たちは、彼の処女喪失を計画し、アンディが恋愛に取り組むことを促します。アンディはスピードデートや出会い系サイトを試し、いくつかの騒動が起こりますが、うまくいかず、彼の処女喪失の機会は遠ざかっていきます。

    やがて、アンディはトリーシャ(キャサリン・キーナー)という魅力的な女性と出会い、彼女との恋愛が始まります。しかし、アンディが処女であることを知ったトリーシャは、彼に対する感情に戸惑いを覚え、彼が経験を積むことを決意します。

    アンディの友人たちが彼の処女喪失のために再び計画を立てる中、アンディは自分自身と向き合い、恋愛における素直さと自己受容の重要性を学びます。映画はコメディ要素を交えながら、成熟と自己成長の物語を描いています。

    「笑いのカイブツ」は、スティーブ・カレルの演技とジャッド・アパトーのコメディスタイルで知られ、観客に笑いと感動を提供する成功したコメディ映画となりました。

    監督:岡山天音
    キャスト:片岡礼子
    キャスト:松本穂香
    キャスト:前原滉
    キャスト:仲野太賀

    目次

    映画:笑いのカイブツのレビュー・感想

    書けば叶う?毎日紙に書いてきた想い

    最近巷では、紙に夢や目標を書くと実現するなどよく聞く。それを毎日やってきた男がこの映画の主人公、ツチヤタカユキだ。 ツチヤタカユキは毎日毎晩「あるもの」を書き続けた。それは『人を笑わせる』ことだった。

    大喜利番組に、何年間もネタを送り続け、ようやく目標が叶った。 成人式もいかない、友達もいない、そんな主人公はネタを通して認められることで自分の存在意義を示していた。 そうして実力を認められた主人公は、ついに現実の笑いの世界にを踏み入れたのだ。

    たが、人と接してこなかった主人公は人間関係でさまざまな問題を抱えてしまう。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次