MENU

    映画:ドクターストレンジのレビュー・感想

    映画:ドクターストレンジのレビュー・感想

    あらすじ

    物語の主人公、ドクター・スティーブン・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は、天才的な神経外科医で、自己中心的で高慢な性格を持っています。彼は交通事故で手に重傷を負い、手術による回復を望むものの、手術が失敗し、手の機能を完全に失ってしまいます。絶望的な状況に陥ったストレンジは、手術での回復を諦め、過ごし始めます。

    しかし、ある日、ストレンジは神秘的なカメオン・アンクと出会い、彼女から奇妙な秘密の魔法の存在や次元の存在を知ります。ストレンジは魔法の力を求めてカメオンの指導のもとで修行を始め、魔法の使い手としてのスキルを習得し始めます。彼は、神秘的な敵カイシリウス(マッツ・ミケルセン)との戦いに巻き込まれ、次元を超える冒険に挑むことになります。

    ドクター・ストレンジは、魔法の力を駆使し、次元の間を自由に移動し、時間を操作する方法を学び、最終的にはカイシリウスとの壮絶な対決に挑みます。彼は自己中心的な医者から魔法の守護者へと変わっていく過程で、自己の目的を見つけ、新たなスーパーヒーローとして誕生します。

    「ドクター・ストレンジ」は、MCUの一部として登場するキャラクターで、魔法と次元をテーマにしたスーパーヒーロー映画です。映画は視覚効果とアクションシーンが特に評価され、マーベル・ファンにとっても楽しめる作品となっています。

    監督:スコット・デリクソン
    キャスト:ベネディクト・カンバーバッチ
    キャスト:キウェテル・イジョフォー
    キャスト:レイチェル・マクアダムス
    キャスト:ベネディクト・ウォン
    キャスト:マイケル・スタールバーグ
    キャスト:ベンジャミン・ブラット

    目次

    映画:ドクターストレンジのレビュー・感想

    変わり者のキャラクターが面白い

    主演はベネディクトカンバーバッチさんで、もともと味のある俳優さんだと思っていました。今回の役柄を演じる中ですごいと思ったのは、テンションの上がったり下がったりの表現の仕方でした。

    あまりテンションが変わらない気質を演じている部分はあるのですが、その中でもテンションが上がっているときオペをしているときや戦闘など自分が能動的に興味を持ってやっているときはなんだかテンションが高いのです。

    冷静な中での表現なのでそこは大変だったかと思いますが、そういう部分も面白かったです。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次