MENU

    映画:アラジンのレビュー・感想

    映画:アラジンのレビュー・感想

    あらすじ

    映画『アラジン』は、1992年に公開されたディズニーのアニメーション映画です。この物語は、「アラビアン・ナイト」の一編に基づいており、若く貧しいが心優しい主人公アラジンが、魔法のランプを見つけるところから始まります。

    アラジンは、ランプから現れた全能のジーニーの力を借りて、自分の運命を変えようとします。彼は王女ジャスミンの心を射止めるため、富と権力に満ちた王子に変身します。しかし、アラジンはやがて、外見や富ではなく、自分自身の価値を理解するようになります。

    一方、邪悪な魔術師ジャファーは、ランプを手に入れて全能の力を手にしようと企みます。彼はアラジンを騙し、ランプを奪おうとしますが、最終的にはジャスミン、ジーニー、アラジンの友人たちの助けを借りて、ジャファーの陰謀を阻止します。

    物語のクライマックスでは、アラジンはジーニーを自由にすることを選び、真の愛と友情の価値を認識します。ジャスミンとの愛が認められ、二人は結ばれます。アラジンは内面の強さと正直さを通じて、真のヒーローとなるのです。

    監督:ガイ・リッチー
    キャスト:ウィル・スミス
    キャスト:メナ・マスード
    キャスト:ナオミ・スコット
    キャスト:マーワン・ケンザリ
    キャスト:ナヴィド・ネガーバン
    キャスト:ナシム・ペドラド

    目次

    映画:アラジンのレビュー・感想

    アニメの世界感をそのまま表現している

    アラジン(実写は)背景や役者さん、日本語版の声優さんまでとにかくアニメのイメージを良い意味で壊さず素敵な作品だと思います。字幕版も日本語吹き替え版も見たのですが、どちらもなんの違和感もなく作品に引き込まれます。

    アラジンやジャスミンはもちろんの事、ジーニーは最高です。

    アニメを忠実に再現している事はもちろんの事、実写でも吹き替え版でもジーニーはこの人しかいないと思わせる演技や話し方はとても好きです。

    何度観ても惹き込まれる映画の1つです。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次