MENU

    映画:鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎のレビュー・感想

    映画:鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎のレビュー・感想

    あらすじ

    映画『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』は、水木しげる生誕100周年を記念して制作された作品で、国民的アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」シリーズの原点に迫る内容となっています。この映画は、鬼太郎が誕生する前の物語で、昭和31年を舞台にしています。

    物語は、第二次世界大戦を終えた水木が東京の銀行に勤めるところから始まります。水木は龍賀一族の当主・時貞の死に伴い、人里離れた山奥の哭倉村に向かいます。この村では龍賀一族の関係者が次々と殺される事件が起こります。そこへ鬼太郎の父であるゲゲ郎が現れ、一連の事件の容疑者として捕らえられます。

    物語の中で、水木はゲゲ郎や村の住人と交流を深めながら、龍賀一族が抱える秘密や謎に迫っていきます。この映画では、鬼太郎自体はあまり登場せず、主にゲゲ郎と水木の活躍が描かれています。視聴者は鬼太郎の父と母の深い愛に触れることができ、鬼太郎の誕生前の話として、物語の密度が濃く描かれています。

    エンディングでは、ゲゲ郎とその妻・岩子との別れ、そして水木のその後が描かれます。この部分は、アニメ『墓場鬼太郎』の一部の内容にリンクしており、鬼太郎と目玉おやじの誕生に関わる重要なエピソードが語られます。

    『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』は、サスペンスやミステリーの要素が含まれた大人向けのホラーアニメであり、鬼太郎シリーズのファンであれば、新たな視点で作品を楽しむことができるでしょう。

    監督:古賀豪
    キャスト:関俊彦
    キャスト:木内秀信
    キャスト:種﨑敦美
    キャスト:小林由美子
    キャスト:古川登志夫
    キャスト:沢城みゆき

    目次

    映画:鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎のレビュー・感想

    日本の希望となった鬼太郎

    久しぶりに素晴らしいアニメを観ました。第一に思ったのは鬼太郎は日本の希望になったと言うことです。悲惨な
    戦争時代を乗り越えて生きる日本人の応援歌になったと感じました。

    敵は戦後の混乱期に金を儲けようとした輩です。それに立ち向かった水木と目玉オヤジの勇敢な姿に泣けました。

    母親は残念なことに亡くなりましたが、お墓の中から生まれた鬼太郎の姿にただただ涙が溢れてきました。鬼太郎の持つ不思議な使命に感動しました。

    中村雄暉

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次