MENU

    映画:スタンド・バイ・ミーのレビュー・感想

    映画:スタンド・バイ・ミーのレビュー・感想

    あらすじ

    映画『スタンド・バイ・ミー』は、1986年に公開された成長ドラマ映画で、監督はロブ・ライナーです。この映画は、1959年の夏、オレゴン州キャッスルロックを舞台に、ゴーディ・ラチャンス、クリス・チェンバース、テディ・デュシャン、バーン・テッシオという4人の若い友人たちが、事故で亡くなった12歳の少年レイ・ブラウアーの遺体を探す冒険を描いています。

    この旅は、森を抜ける物理的な旅だけでなく、自己発見の旅でもあり、死と成長の現実との対決を含んでいます。

    主人公であるゴーディは、最近亡くなった兄への喪失感と、そのために悲しみに暮れる両親からの注意を欠くことに苦しんでいます。バーンが兄からレイ・ブラウアーの遺体の場所について聞き、彼らはそれを見つけて地元のヒーローになることを望んで冒険に出ます。

    彼らの旅は、地元のいじめっ子エース・メリルとそのギャングとの遭遇、そして自分たちの恐怖や不安との感情的・肉体的な対決など、様々な出来事でマークされます。

    この冒険中、彼らはジャンクヤードの持ち主とその犬との遭遇、鉄道橋での列車との間一髪の出来事、そしてヒルがいる沼地を渡るといった数々の挑戦に直面します。

    これらの体験は彼らをより近づけ、友情の重要性を理解する手助けとなります。旅はレイ・ブラウアーの遺体の発見でクライマックスを迎え、同じく遺体を主張しようとするエース・メリルのギャングとの緊張した対立につながります。

    映画は、少年たちが遺体の発見を利用することを避け、代わりに匿名の電話でそれを報告することに決める場面で終わります。彼らは名声や名誉を得ることなく帰宅しますが、お互いとの絆と学んだ人生の教訓によって豊かになります。

    映画の最後に、成人したゴーディはメモワールを完成させ、自分の息子とその友人と一緒に外で遊びます。彼は「12歳の時にいた友達のような友達は、その後にはいなかった。誰もそんな友達がいるか?」と締めくくります。

    映画はスティーヴン・キングのノヴェラ「ザ・ボディ」に基づいており、キングの少年時代とのつながりがあります。

    監督:ロブ・ライナー
    キャスト:ウィル・ウィートン
    キャスト:リヴァー・フェニックス
    キャスト:コリー・フェルドマン
    キャスト:ジェリー・オコンネル
    キャスト:キーファー・サザーランド

    目次

    映画:スタンド・バイ・ミーのレビュー・感想

    少年たちが冒険して成長して帰ってくる物語

    遠くの森に死体が落ちていると聞きつけた少年四人が、それを見つけたら有名になれるという考えから、探しに出かけるという冒険譚です。

    列車に轢かれかけたり、沼に溺れそうになりながらも、語り合いながら歩き続ける少年たちの姿に心打たれます。無事に死体を見つけ、地元に帰って来ると、なぜかお互いに疎遠になっていくのがなんとも切ないです。

    子供の頃の友情が続かないからこそ、永遠に思い出に刻まれるという感じがしました。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次