MENU

    映画:プラダを着た悪魔のレビュー・感想

    映画:プラダを着た悪魔のレビュー・感想

    あらすじ

    映画『プラダを着た悪魔』は、志望するジャーナリストのアンドレア・サックスが、ファッション雑誌の編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタントとして働くことになる物語です。

    ミランダは才能あるが厳しいボスで、アンドレアはファッション業界での過酷な要求に直面します。

    映画は、職場での挑戦、個人的な成長、そしてプロとしての倫理と私生活のバランスを保つことの重要性を描いています。

    監督:デヴィッド・フランケル
    キャスト:メリル・ストリープ
    キャスト:アン・ハサウェイ
    キャスト:スタンリー・トゥッチ
    キャスト:サイモン・ベイカー
    キャスト:エミリー・ブラント

    目次

    映画:プラダを着た悪魔のレビュー・感想

    成長するための服だった

    少し前の作品ですが、何度観ても心が動かされます。アンディ(アン・ハサウェイ)は新聞記者になることを夢見ていましたが、ファッション誌の会社に勤めることになります。

    聡明な彼女からすればファッションなど他人事。毎日ダサい服を着て仕事だけは出来ることをアピールします。ところが、そのファッションの世界で働くうちに自分のおごりに気が付きます。

    馬鹿にしていた仕事すらまともに出来ないことに気がついた彼女は服に袖を通し、メイキャップをして颯爽と現れます。成長した彼女のまとう服と聡明さが見事に一体化し、働く女性に夢を与えてくれる最高の作品です。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次