MENU

    映画:ウォンカとチョコレート工場のはじまりのレビュー・感想

    映画:ウォンカとチョコレート工場のはじまりのレビュー・感想

    あらすじ

    映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』は、発明の天才でありチョコレートの魔術師であるウィリー・ウォンカの若き日の冒険を描いています。

    ウォンカの夢は、亡き母との約束を果たし、一流のチョコレート職人が集まる町に世界一のチョコレート店を開くことです。

    しかし、その町ではチョコレート店の新規開店が禁止されており、夢を見ることすら許されていません。

    そんな中、ウォンカは彼のチョコレートを盗む謎の小人・ウンパルンパを発見し、想像もつかない物語が展開します。

    監督:ポール・キング
    キャスト:ティモシー・シャラメ

    目次

    映画:〇〇のレビュー・感想

    ウォンカの魅力に迫る!

    この作品を見た感想 映画は、ウォンカが孤児として育ち、チョコレートに魅了される様子や、彼が出会った仲間や敵との冒険を楽しくユーモラスに描いています。

    映画の見どころは、ウォンカが作り出す様々なチョコレートやお菓子の数々です。彼の創造力や技術に感嘆しながら、目にも鮮やかな映像に魅了されます。

    また、ウォンカのキャラクターも魅力的です。彼の演じるティモシー・シャラメは、ウォンカの若き日の姿を見事に表現しており、彼の演技力にも感心しました。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次