MENU

    映画:バック・トゥ・ザ・フューチャーのレビュー・感想-中村雄暉

    映画:バック・トゥ・ザ・フューチャーのレビュー・感想-中村雄暉

    あらすじ

    『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は、1985年に公開されたアメリカのSF映画で、ロバート・ゼメキスが監督し、スティーブン・スピルバーグがプロデューサーを務め、マイケル・J・フォックスとクリストファー・ロイドが主演しました。

    物語の中心は高校生のマーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)で、彼は奇妙な発明家であるドク・エメット・ブラウン(クリストファー・ロイド)と友人関係にあります。ドクはデロリアン車を改造してタイムマシンを作り、これが時速88マイル(約142キロメートル)に達したとき、特定の日時にタイムトラベルする能力を持っています。

    映画の序盤で、マーティは偶然にもタイムマシンを起動させ、1955年にタイムトラベルしてしまいます。そこで彼は若い時の両親に出会い、彼の介入により、両親が恋に落ちる運命が変わってしまい、彼自身の存在が危機に瀕します。マーティは両親を再び恋に落ちさせるために苦労し、若いドクの助けを借りて奮闘します。また、彼は1985年に戻る方法を見つけなければなりません。

    最終的に、マーティは両親をくっつけ、雷を使ってタイムマシンの電力を供給し、無事1985年に戻ります。彼が帰ってくると、彼の介入により家族の生活が改善されていることに気づきます。

    『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は、タイムトラベルのアイデア、軽快なストーリーテリング、愛すべきキャラクターたちによって、世界中で愛され続けている映画です。この映画は2つの続編を生み出し、成功した映画シリーズとなりました。

    監督:ロバート・ゼメキス
    キャスト:マイケル・J・フォックス
    キャスト:クリストファー・ロイド
    キャスト:トーマス・F・ウィルソン
    キャスト:リー・トンプソン
    キャスト:クリスピン・グローヴァー
    キャスト:クローディア・ウェルズ

    会話の好ましいきっかけに「映画は好きですか?」「どんな映画が好きですか?」というのがありますよね。そこから会話が広がっていく、映画って本当に好きです。何の映画が好きかと聞かれたら私はいつも「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が一番好きと答えます。

    ロバート・ゼメキス監督、スティーブン・スピルバーグプロデューサー、マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド主演の豪華な作品です。1985年公開のタイムトラベル映画の金字塔です。世代によっては観たことのない方もいるのですが、「車が飛ぶやつだよね、デロリアンって知ってる」と言ってくれるので、伝説級の映画という位置づけが嬉しいです。

    好きな理由は、起承転結、アクシデントありトラブルあり、ハラハラドキドキの展開でハッピーエンドに向かうだろう結末は予想できるのですが、鑑賞側にダメージを受けるような悲惨なエピソードがなく展開するからです。これぞ冒険活劇というお手本のようなストーリーだからです。

    悪役代表のような敵役ビフ・タネンですら愛すべきキャラクターです。主人公に悲惨な悲劇を経験、乗り越えさせてからのハッピーエンドは観ていて辛くなります。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は最初から最後まで楽しい気持ちで観られます。

    冒頭にマーティの友人でタイムマシン制作者の友人科学者ドクがテロリストに殺害されるところからストーリーは展開します。事件自体は悲劇ですが、マーティはドクを助けるためタイムトラベルに向かいます。希望が持てます、頑張れマーティ。過去の街でも街を牛耳っているのは若きビフです。憎たらしいけれど結構お間抜けです。マーティと街の悪ガキとのやり取りが面白いです。

    「腰抜け」というワードに異常に反応するマーティ。トリガーになって超人的な力を発揮するのかと思いましたが、そういう映画ではなかった(笑)。マーティはパワーではなく機転で勝負です。マーティが過去へ行ったことで歴史が微妙に違ってしまい、過去の若かりしママがマーティに恋してしまいます。歴史通りにパパとママを恋人同士にしないとマーティの存在が消えてしまいます。

    ドクのことも助けなくてはいけないのにマーティの奮闘ぶりはハラハラします。アクシデントの辻褄合わせが気持ちいいです。過去のドクがあり得ない状況を理解してくれて

    一緒に行動してくれる様も爽快です。いよいよ、解決に向かって計算された現代の時間にタイムトラベルです。現代から過去へ飛ぶ時の動力と過去から現代へ向かう動力は別物です。同じ物がありません。成功は約束されていると思って観ていてもハラハラします。

    その方法が、「あー!そういうことか、スゴい」と思わせてくれる展開。無事現代に戻れたのですが、間一髪でドクの襲撃に間に合わず、また同じ悲劇が…と思わせておいてからの大どんでん返し、最高です。無事ハッピーエンドに着地ですが、最後の最後にストーリーはまだ終わらない的なシーンが入ります。楽しい。続編ありきではなく、本来はそれで完結だったそうですが、あまりの人気に続編が作られました。

    当時、一作目と二作目公開までの期間が長かったため、デートで一作目を観た人が二作目デートで一緒に観た相手が違ったというので痴話げんかの元凶という笑い話になりました。

    今はサブスクリプションサービスのおかげでいつでも観たい映画が観られる有難い時代です。観たことのない人にお勧めしたいです。

    先日のコミコンにドク役のクリストファー・ロイドさんが来日されていました。タイムトラベルしてきたかの様にご健在でうれしかったです。

    中村雄暉

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次