MENU

    映画:青春18×2 君へと続く道のレビュー・感想

    映画:青春18×2 君へと続く道のレビュー・感想

    あらすじ


    映画『青春18×2 君へと続く道』は、ジミー・ライの紀行エッセイ「青春18×2 日本漫車流浪記」を基にした日台合作のラブストーリーで、藤井道人が監督・脚本を務めました。物語は18年前の台湾と現在の日本を舞台に、時間と国境を超えた初恋の記憶を描きます。高校生のジミーは、アルバイト先で出会った日本人バックパッカーのアミに心惹かれますが、彼女の突然の帰国により心を痛めます。アミはジミーとの別れ際に、ある約束を残して去ります。時が流れ、人生に迷いを感じていた36歳のジミーは、再びその約束を果たすために日本へと旅立ちます。彼の旅路は、東京から福島までの長い道のりであり、過去の美しい思い出と再会を求めるジミーの情熱的な探求が描かれます。ジミー役には台湾の人気俳優シュー・グァンハン、アミ役には清原果耶が扮し、彼らの切ない恋の物語が感動を呼びます。

    監督:藤井道人
    キャスト:シュー・グァンハン
    キャスト:清原果耶
    キャスト:ジョセフ・チャン
    キャスト:道枝駿佑
    キャスト:黒木華
    キャスト:松重豊

    目次

    映画:青春18×2 君へと続く道のレビュー・感想

    国境を越えた18年越しのラブレター

    よくあるストーリーと言えばストーリーです。
    しかし、その中身はとても濃厚な作品でした。
    まだ主人公が大学受験をしているときに、日本人の女性バッグパッカーと出会います。
    自然と惹かれていき、お互い意識もしていましたが、どうも女性のアミは一歩引いていました。
    いつかはどこかへ行ってしまうと分かっていましたが、急に帰国が決まってしまった彼女。
    想いを伝えられないまま2人は別れてしまいます。
    お互いの夢に向かって頑張ろうと話していた主人公は、数年後夢を叶え彼女に連絡を取った時は、思いもしない事実を知ります。
    それから仕事に集中し、別れて18年後に日本への出張で日本中をめぐります。
    そこで、現地の優しい人々に触れながら、アミのことを思い出し、彼女が育った町へと向かいます。
    彼女の実家には、主人公にあてたラブレターがあり、それを呼んだ主人公は彼女の想いを知る。
    ベタかもしれませんが、涙なしでは見れません。

    自己犠牲愛の王道作品

    ヒロインのアミの自己犠牲の切ない思いに涙してしまいました。まさに本当に好きだったのにそのことを隠して、彼氏がいるという嘘をつき続けたヒロインの気持ちを思うと歯痒さと仕方なさの気持ちに襲われました。彼女は肥大心筋症という病に冒されていたために、愛を成就することを選びませんでした。ただただ、ジミーの幸せを願い遠くから応援していたかと思うと、その温かい愛に号泣してしまいました。ジミーの中で柔らかい後悔はあれども、アミの深い愛を知ったからこそ、また立ち上がることができる姿に安堵しました。

    丁寧に描かれた海を超えた純愛

    日本と台湾の合作で、舞台は台湾の有名観光地から日本の雪国中心としたあちこちで映像美としても楽しめました。18年前に知り合った台湾人のジミーと日本人のアミ。2人のやりとりはとても優しい愛情に満ちていて、でもアミのミステリアスな雰囲気があって一定の距離を保ち続けるもどかしさもあり、見ながら自然とジミーを応援してしまう気持ちになります。ジミーのアミに対する恋心が表情で伝わってきて、違う国の俳優さんで表現方法も違うだろうに、演技力の高さを感じました。アミを演じた清原果耶さんも明るく人懐こいのに影のある印象的な役をとても上手に演じてました。終盤、出会ってから18年後のジミーがアミの生まれ育った街に訪れるところは彼の表情からそれが久々の再会を期待させるものではないことが伝わり、アミの真実に涙しました。表情から映像から何もかもがストーリーに寄り添い、汚れのない美しい愛を悲しくも丁寧に描いた作品です。

    大伏線回収と美しい台湾と日本の景色

    予告動画を見て、美しい台湾の景色と「青春」というタイトルに惹かれハッピーエンドかと思い、見に行きました。作品のほとんどが彼女の台湾での旅でのよくある恋愛ストーリーが描かれていますが後半のどんでん返しで、「ええ」と。映画が終わったころには景色や登場人物は良かったけど、ストーリー性・最後の終わり方が心苦しくなんともモヤモヤしながら帰宅しました。でも、あのハッピーエンドなのかアンハッピーエンドなのかよくわからない感じと最後に知る二人の思いや、絶対的に言える美しいあのキャストと景色のコラボが忘れられず、公式写真集を購入することに決めました。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次