MENU

    映画:あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。のレビュー・感想

    映画:あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。のレビュー・感想

    あらすじ

    物語は、主人公である高校生の夏目智子(なつめ ともこ)が、自分の過去の出来事と向き合うために、故郷である田舎の町に帰ることから始まります。智子は幼少期、町の丘で過ごした大切な思い出があり、その思い出が彼女の人生を大きく変えてしまったことに悩んでいます。

    町に戻った智子は、幼なじみである田村太一(たむら たいち)と再会します。太一もまた、過去の出来事について葛藤を抱えており、二人はお互いに支え合いながら、過去と向き合っていくことを決意します。

    物語は、町の丘での思い出や友情、恋愛、そして過去の秘密が次第に明らかになっていく過程を描いています。智子と太一は、町の人々と協力し、過去の出来事に関する謎を解明しようとします。そして、過去のトラウマを乗り越え、新たな未来を切り開いていくのです。

    監督:成田洋一
    キャスト:福原遥
    キャスト:水上恒司
    キャスト:伊藤健太郎
    キャスト:上川周作
    キャスト:小野塚勇人
    キャスト:出口夏希
    キャスト:中嶋朋子

    目次

    映画:あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。のレビュー・感想

    愛した特攻隊員の悲願に生きる女子高生!

    設定としては、現代に生きる女子高校生が、終戦に程近い時期にタイムスリップして、特攻隊員に出会う悲しい物語ですが、唐突な表現でありながら、違和感なく最後まで見ることができました。女子高校生の目線で描かれますが、かといって決して幼稚な感じはしません。

    むしろ若さが持つ正義感が、異常な戦争時代をあぶり出しているようです。その異常な時期をクローズアップしたことによって、戦争の悲惨さを知ることができるという意味では、素晴らしい入門編かもしれません。ヒロインが教師になることを決意して、亡くなった特攻隊員の意思を受け継ぐというその健気な気持ちに号泣しました。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次